森下仁丹奨学会とは

設立の趣旨

森下 博翁

家庭薬「仁丹」の創業者である「森下 博 翁」の遺志を継ぎ、長女「森下 次子」(前理事長 故 「森下 泰」及び、現理事長「森下 美惠子」の母)が、創業者の信条でありました「報本反始」( 報恩の精神を大切にし、何等かの形で社会に報いる)という積年の念願から、拠出した寄附財産を基金として設立された公益法人です。

概要

設立 1963年9月2日 財団法人森下仁丹奨学会 設立(登記簿謄本記載日)
2012年4月1日 公益財団法人森下仁丹奨学会 設立
代表 理事長 森下 美惠子(森下仁丹株式会社 取締役名誉会長)
目的 志操堅実、学力優秀でありながら、経済的理由により学業の継続が困難な大学生又は大学院生に対し、育英奨学の事業を行い、もって社会に有用の人材を育成することを目的としています。
給与金額 月額30,000円
給与期間 最短修業年限(医・薬・獣医学部6年制は4年終了後再審査)
奨学規程 奨学生の資格、採用・奨学金給付・学年末報告・奨学金廃止など運営に関することを規程してあります。
在籍数 平成28年3月末日現在 35名
延採用数 平成28年3月末日現在 776名
延給与額 平成28年3月末日現在 770百万円
資産総額 平成28年3月末日現在 1,591百万円
PDFリーダーダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらからPDFリーダー(無料)をダウンロードしてください。