奨学生募集要項

平成29年度 奨学生募集要項

応募資格

志操堅実、学力優秀でありながら、経済的理由により学業の継続が困難な大学生又は大学院生 (ただし留学生は除く)

1.家計基準
日本学生支援機構第1種に準ずる。
ただし、大学院生についても日本学生支援機構の学部生と同等の家計基準を適用する
日本学生支援機構等返還を要する貸与奨学金を除き、他の奨学金との重複受給はできない。
2.人物基準
修学の意志が固く、責任感が強く、学生生活全般を通じて態度、行動に良識があり、且つ修業後、社会に有為な人材と為り得る者。
3.健康基準
大学の保健センター、または医師が発行した健康診断書により、修学に支障がないと認められる者。
4.学力基準
家計、人物評価を優先し、総合的に判定する。
学部学生 1年生 高校3年間評定値 4.0 以上
2年生以上 前年までに標準修得単位を修得済であり、且つ前年度までの通算GPA値が2.8-以上
大学院生 1年生 前年までに標準修得単位を修得済であり、且つ前年度までの通算GPA値が2.8-以上
2年生以上 同上

選考方法

提出書類による書類審査の上、選考委員会による最終審査によって選考する。
採用予定者数を超える場合は、経済状況を優先して選考する。
平成29年度は学部学生、大学院生各々5名(計10名)採用予定

採否通知

平成 29年6月下旬迄に大学及び応募者本人宛採否決定通知を郵送する。

奨学金

月額3万円を、原則として2 ヶ月分を、奇数月の10 日、本人銀行指定口座に振込む。 10日が休日、祝祭日の場合はその前日に振込む。
奨学金は給付であり返還を要しない。

給付期間

採用決定月より最短修業年限(6年学部生は4年終了時再審査を行う。)

提出書類

1.奨学生願書:当財団所定様式による
2.健康診断:願書の記入要領に準じて記入、もしくは健康診断書の添付
3.自筆履歴書:市販様式による(写真貼付)
4.推薦調書:当財団所定様式による(大学にて推薦者又は担当者が必ず面接をして、ご記入をお願い致します。)
5.調査書または成績証明書:高校または大学の所定様式
6.小論文:「私の描く学生生活」について、400字詰め原稿用紙2枚程度(パソコン、自署いづれも可)

提出期限

各大学学生部からの応募用紙依頼の締め切りは平成29年3月末日迄
応募用紙の締め切りは平成29年4月25日(火)迄、当財団事務局宛必着

提出先

公益財団法人森下仁丹奨学会事務局
〒540-0004 大阪市中央区玉造一丁目2番40号
TEL 06-6761-1131 FAX 06-6761-1259
E-mail:tanabe-t@jintan.co.jpshogakkai@jintan.co.jp

希望学生及び学生部へのお願い

  1. ①希望学生は当会と所属大学学生部に連絡 ②学生部より当会に連絡 ③当会より学生部に願書を送達 ④願書作成後学生部より当会に提出
  2. 昨今応募希望者の増大により、各大学にて複数の応募希望者が発生した場合、推薦者は1名でお願致します。
  3. 当会にご連絡いただく場合は、所属大学の学生部奨学金担当と相談のうえ、
    ・学力基準は満たしているか
    ・大学からの推薦が受けられるか
    を確認のうえ、当会にご連絡ください。

※メールでのお申し込みはご遠慮ください。
応募希望学生の電話による当会との面談が終了した後、次の4点を記入して送信してください。
・氏名
・ふりがな
・大学名、学部、学科、4月からの学年(大学院生も同様の項目)
・願書送付先の大学学生部の住所(郵便番号)と正式ご担当名(セクション名)

謹告
今後数年間は、東日本大震災被災学生、熊本地震被災学生、鳥取地震被災学生を優先的に採用させていただきます。
関係各位のご理解をお願い申し上げます。

過去の採用実績

PDF 採用実績(PDF 40kb)

PDFリーダーダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらからPDFリーダー(無料)をダウンロードしてください。